ロリータ・ファッション

2004年に下妻物語の影響で認知された現代的なロリータファッションのスタイル。コスプレ衣装主に白・ピンクを基調とした、幼児的なフォルム、フリルやレースなどが過剰にあしらわれた、西洋のお伽噺のヒロインのような前近代のヨーロッパの少女のドレスのデザインにも似たデザインをしている。http://kajimoto.hpmk.net/cosplayaaa
ロリータ・ファッション (ロシア語: Мода Лолита) とは、日本独自のファッションを中心としたムーブメントである。少女のあどけないかわいらしさ、小悪魔的な美しさを表現したスタイルであり、欧米文化への憧れと想像力をエンジンに、懐古的でありながらも全く新しい日本独自の解釈を加えた、ティーンを中心としたストリートファッションである。日本だけではなく、諸外国からも注目を集めている。またはそれらを好み着用、または着用することを主義とした人の総称。ロリィタとも。ロリータファッションは「大人の少女服」と形容されることもある。

園田 海未 童話編コスプレ

ロリータファッションは東京や大阪などの日本の都市部で2000年代に急増した、過剰に華やかで、膨らんだスカートに象徴される少女的な志向のストリートファッションのことであり、ひときわ目立ついでたちの為に、ストリートファッションの中でも特別な存在感を持っている。バロック、ロココ、ヴィクトリアンといった確実な歴史の記録と、少女時代に憧れたお姫様の物語のイメージが混在しており、ロリータ衣装道楽コスプレ ウィッグでは「欧米とは宗教文化も生活様式も違う日本だからこそ、リアルとフィクションをない混ぜにして、自由なスタイルを編み出すことができた」としている。
ロリータファッションは本来、自分本位なものであり、女性のおしゃれの基準は、男性の評価によるところが大きいという見方もあるが、ロリータは人の評価や世の流行は意に介さず、ただ自分の好きな服を着るのがロリータである。が、現在では多くのブランドが立ち上げられ、着こなしにも幅が出るようになり、ブランドそれぞれの個性が発揮されながらも、そこには1つの「様式」が定まりつつあるという坂田銀時ウィッグ コスプレ
「ロリータ衣装道楽」や「ロリータ衣装道楽II」は、その様式と法則性について考え、定番的なアイテムを例にとりあげつつも、「一通りの「様式」に目を通した上で、あえてそれを破ってみることもおすすめします。」と記述している。
主に白・ピンクを基調とした、幼児的なフォルム、フリルやレースなどが過剰にあしらわれた、西洋のお伽噺の世界から抜け出してきた「お姫様」のような前近代のヨーロッパの少女のドレスのデザインにも似たスタイルを指すが、嶽本野ばらのようにガーリーファッションもロリータファッションに含めて使用する人もいる。また、ロリータブランドのアイテムを少しだけファッションに取り入れたり、ロリータブランド以外のアイテムを組み合わせたコーディネートもあり、「ロリータ衣装道楽II」では部屋着(アンダーウエア、ナイトウエア含む)を中心にロリータファッションの愛好家の好みそうなものを紹介している。カジュアルラインのアイテムを発表するロリータファッションブランドもあるナルトコスプレ服
また、ロリータの愛好家の間にだけ強く共有されている、独特の「ロリータ文化」が存在しており、それがロリータと他のストリートファッションムーブメントを峻別している。
ロリータファッションはその外見のインパクトのためしばしば好奇の目で見られ、メディアにも取り上げられている。ロリータファッションのユーザーの洋服への熱意を掬い取るような雑誌は2000年を境に急増しており、またインターネットによっても手軽に調べることができる。
名称の意味執事服
「ロリータ」の語源はウラジミール・ナボコフが1958年に発表した同名の小説に登場する、中年の文学者に一目惚れされ、それを翻弄する12歳の美少女・ドロレス・ヘイズのドロレスの部分を変形した愛称(ニックネーム)の1つである(なので、作中ではドリー、ローなどとも呼ばれている。)。また、この作品に由来して、「10代前半位の少女に特別な感情を抱く人」をロリータコンプレックスと呼ぶこともある。このドロレスという少女は少女期特有の妖しい魅力を持った魔性の少女であり、中年の文学者ハンバート・ハンバートを翻弄し

鳶沢みさき(とびさわみさき)コスプレ服、破滅に導く。 ナボコフはロリータの定義を年齢的に幼く(10代前半位)、言動や容姿が小悪魔的でコケットリーなニンフェット(ニンフ)でなければならないと細かく定義したが、日本において「ロリータ」という言葉は、ニンフとはほぼ逆の「実際はもう大人なのに、童顔ゆえに幼く魅せている女性」か「本当にまだエロスの欠片も身体に宿していない少女」を指す。黒執事 セバスチャン 衣装,嶽本野ばらはロリータを語る際は、ナボコフの定義したロリータと、そこから派生し裏返ってしまった日本独特のロリータの解釈を整理しておかなければ論点がどんどんずれていき、混乱してしまうとしている。そのため、嶽本野ばらは日本的解釈のロリータをロリータの基本とすると述べた。しかし、「ロリータ衣装道楽」では「少女の小悪魔的な美しさを表現したスタイル」と説明しており[21]、ロリータには「死」の匂いがするとも語っており、どうやらロリータファッション自体も単純に純粋無垢(イノセント)であるとは言いがたいようである。また、嶽本野ばらが著書「パッチワーク」でロリータの源流として紹介しているブランド「MILK」のディレクター・大川ひとみによれば、MILKのデザインは「女の子だから可愛く、ちょっとポワーンとしていて天使っぽいところに、悪魔っぽいところを持っている女の子のイメージ」または「子供っぽいところを残した艶やかな大人の女性」のイメージで作られており、「天使の皮を被った悪魔」を意識しているというhttp://kajimotossss.over-blog.com/2016/07/577a3002-49e7.html