コスプレ衣装

コスプレの起こり
日本では、江戸時代に流行した集団参詣や民衆踊りの際に仮装を伴うものが多く見られた 。また、江戸時代の京都では、人気芸妓が歴史上の人物や物語の登場人物に扮して祇園などを練り歩き、途中で馴染み客から「所望!」という呼び声が掛かると、立ち止まって役にちなんだ舞を披露する「ねりもの」と呼ばれる仮装行列があり、現在のコスプレ写真のように、個々の仮装姿が浮世絵に描かれ人気を集めた 。

ラブライブ!コスプレ衣装

『ラブライブ! School idol project』(ラブライブ スクールアイドルプロジェクト)は、学校で結成された架空のアイドルグループの奮闘と成長を描く日本のメディアミックス作品群。 アスキー・メディアワークス、ランティス、サンライズの3社によるプロジェクト。2010年に開始した雑誌『電撃G's magazine』の読者参加企画を皮切りに、作中のアイドルグループが歌う楽曲のCD、作中のライブシーンを担当声優が再現するライブ公演、テレビアニメや劇場アニメといったアニメ化、スマートフォンゲームや携帯型ゲームといったゲーム化など、メディアミックス展開していった 。http://kajimoto.cosplay-japan.net/

南小鳥 コスプレ 衣装 演出服

星空凛 ほしぞらりん服

国立音ノ木坂学院
高坂穂乃果などが通う、秋葉原と神田と神保町という3つの街のはざまにある伝統校 。女子校であり、現在入学希望者は少なく廃校の検討が発表されている。テレビアニメ版では、1年生は1クラス、2年生は2クラス、3年生は3クラスとなっている。 ネクタイの色は学年ごとに固定されており、1年生は水色、2年生は赤色、3年生は緑色。部活は同好会でも設立には最低5人必要だが、その後は5人以下になってもいい。学園祭での講堂の使用はガラポンくじで決めるのが昔から伝統となっている。学校教育法上では国立学校として分類される名称だが、本作では学校法人が設立・運営する私立学校に近い性格を持った学校として描写されている。

2011年4月4日から2012年3月26日まで・同年10月4日から2013年3月28日まで放送された。タイトルロゴが銀魂 コスプレ 衣装になる。原作第34巻から第46巻[注 1]までの内容がアニメ化されている。
『銀魂'延長戦』はセレクション再放送『よりぬき銀魂さん』を内包する形での放送(2012年10月4日から同年10月25日まではタイトルを『金魂'』(きんたま)として放送)。
2013年7月6日から公開された長編アニメーション映画『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』をもってアニメ版は〝完結〟と宣言されたが、2014年12月21日のジャンプフェスタ2015で2年ぶりの新シリーズが2015年4月から放送されると発表された 。

『銀魂』坂田銀時(さかた ぎんとき)コスプレ衣装

2015年4月8日より、水曜18時00分の枠で「銀魂゜」として第3期を放送。2015年4月を以って当作品の制作・権利が、サンライズから新たに分社化されたバンダイナムコピクチャーズに移管された 。坂田銀時風衣装までシリーズ構成を担当した大和屋暁が降板する、監修が高松信司から藤田陽一になる等、大幅なスタッフ変更が行われた。1年間の放送を経て2016年3月30日をもって放送終了となった 。
また、2016年6月12日に小栗旬主演で銀魂が実写映画化されることが決定した。原作が一年以内に最終回を迎えることから、それに合わせて2018年に公開される予定である。